おすすめ動画と録画ソフトウェアAudialsの使い方について

タグ: Audials 使い方 (1ページ目 (4ページ中))

YouTube Music を高音質で録音

Audialsを使用してYouTube Musicから高音質で録音してみました。

こんにちは。
今回はYouTube Musicです。

「YouTubeから音楽コンテンツだけを抜き出した音楽ストリーミングサービス」

今までYouTubeとの違いを気にしたことがなかったのですが、調べてみたらこう記載がありました(笑)

YouTube上だと、音楽だけでなく動画も含めかなりの数のファイルが存在しているため、音楽だけを聴きたいという時に見つけるのに時間がかかったり面倒なものを省くためのストリーミングサービスのようです。
確かに、YouTubeだと、パフォーマンス映像がトップに出てきたり、純粋に音だけ聞きたい時に検索が面倒な時もあります。。

てなことで、先日初めてAudialsを使用してYouTube Musicから録音してみました。

①音楽を再生して録音する

Audials画面「音楽ストリーミング」から「YouTube Music」をクリック

「YouTube musicの音楽をブラウザで再生して~」をクリック

ブラウザでYouTube Musicを開いて録音したい音楽を再生すると録音が開始されます。

以下のように「完了。~」と表示されたら終了です。録音を終了する場合は「停止」ボタンをクリック、続けて録音する場合は「停止」ボタンを押さずにそのまま次の曲を再生すると録音が開始されます。

②URLをペーストして録音

YouTube Music上で録音したい曲名の右に表示されている「︙」をクリックします

「共有」をクリックします。

「コピー」をクリックします

コピーしたYouTube MusicのURLをAudials Oneの「音楽ストリーミング」内「ソースかURL」にペーストします。

ペーストすると、↓のようにAudials内で表示されるので、「ダウンロード」をクリックし、保存を開始します。

↓のように「完了」とされたら終わりです!

アルバムとかトラック数が多いときは、URLが断然楽です。。。

アルバムを開き、アルバムの「︙」をクリックし、「共有」をクリック→コピーします。

そして同じようにAudials内にURLをペーストすると以下のように表示されるので、「ダウンロード」をクリックします。

すると、ずらーーーーっとトラックが表示されます。
「今すぐダウンロード」をクリックすると順に録音が開始されます。

という感じでまとめて一気にできるので、URL楽です。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

Audialsで録画ができない時の対処法-4

録画後「エラー」と表示された場合の対処法をご紹介します。

こんにちは。
録画録音ソフトAudialsを使用して録画ができなかった場合の対処法第4弾です!

先日、好きな俳優さんが出ていたので、あとで見ようと思い、動画録画を行ったのですが、動画が終了し、Audials画面を見てみると、「エラー」と赤く表示されていて、録画が完了しておりませんでした。。


インターネット環境が悪かったのかと思い、インターネットを接続しなおしても、「エラー」が表示され、PCを再起動し、他の動画を試しても同じく「エラー」が表示されてしまい、一人アタフタしておりました(笑)

オプション内を色々と触って確認してみたところ、最後に録画した時に、保存先をUSBにしていたのですが、USBを取り外した際に保存先変更を忘れており、、保存先が存在していなかったためだと判明。。

保存先を以下手順で変更したところ、「エラー」と表示されることなく、録画が完了しました!

Audials画面左下のオプションマーク→「オプション」クリック

「ストーレージと出力」を開き、「PC」にカーソルを合わせると、矢印、鍵?マーク、「︙」が表示されるので、真ん中の鍵マークをクリックします。

次の画面で「動画フォルダ」右横の「…」横三点をクリック→次の画面で保存先を選択します。
※私は、PC既存の「ビデオ」を選択しましたが、PC容量が少ない場合は、容量に空きがなくなると同じような現象が発生する場合があるので、空き容量に余裕があるところに保存先を変更するのがお勧めです。
(動画保存は結構容量が必要なので)

保存先変更の選択が完了したら、「PCの設定」「Audialsオプション」画面で「OK」を選択して完了です。

ちなみにこの保存先変更は以下の手順でもできます。

Audials画面下の「ストレージ」をクリック

以下の画面が表示されたら、「PC」にカーソルを合わせて、鍵マークをクリックすると、同じように「PCの設定」画面が表示されるので、それ以降は上でご紹介した手順と同じです。


録画終了後に「エラー」と表示されている場合、保存先に設定されているところで問題が発生している場合(私のように保存先が存在していなかったり、容量が十分でなかったりな場合)に表示されてしまうこともあるので、Cドライブに設定している場合は、Dドライブに試してみるなどすると、原因が判明する場合もあるのでお勧めです。

以上です。
今日は、この辺にしておきます。。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

Audialsで動画ファイルを音声ファイルへ変換。

録画録音ソフトAudialsを使って、動画形式から音声形式へ変換してみました。

こんにちは。
動画ファイルとして保存したものも音楽のプレイリストに追加して聴きたい時が多々あります。。ライブとか、音楽としてもう一度録音するのが面倒な時は、Audials内で変換したりしています。

今日は、Audialsでの変換機能をご紹介します。

。。。どうぞ!!

Audialsの「プレイリスト」を開き、変換したいファイルにカーソルを合わせ「︙」をクリックします

「変換」をクリックします。

「変換」をクリックすると、自動でAudialsの「変換」ページへ移動しますので、「閉じる」をクリックします。

左下部に表示されている「動画を音声へ変換」がオフになっている場合は、ボタンをクリックし、オンにします。
※ボタンが画像のように水色になっている場合は、オンの状態です。

右下部「開始」をクリックすると、変換が開始されます。

そして、ファイル変換が終了すると、「変換」内が空の状態になります。
そしたら、「プレイリスト」を開き、変換したファイルが保存されていることを確認します。
ファイル名は「変換した動画~」と表示されます。
タイトルを変更したい場合は、過去投稿をご覧ください!

今日はこの辺で。
Audialsは、便利な機能が結構多いので、色々と触ってみると面白いです

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してくだ

YouTubeライブを録画してみました

録画録音ソフトAudialsを使用して、YouTubeでライブ配信している動画を録画してみました。

こんにちは。
YouTubeのライブ配信は、スポーツや、ニュース、音楽系などいろいろな配信を常に行っているので、私も時間があれば「どんなのが配信されてるかな?」とみてみたり、英会話のライブ配信もやっている時があるので、スケジュールをチェックして配信を見たりしています。

ちなみに私の最近のおすすめは「Hapa英会話」です。
説明が丁寧でわかりやすい!大変助かっております(笑)

さて、この前スポーツ配信で保存を行ってみたのでそちらを今回ご紹介いたします。

まず、Audials画面の「動画ストリーミング」から「YouTube LIVE」をクリックします

再生するブラウザを選択して「次へ」をクリック

「〇〇を開始」または「〇〇を再起動」をクリック

↓の画面が表示されたら、ライブ配信されている動画を再生します。

再生されると↓の画面が表示されます。
そのまま録画を開始する場合は、「録音/録画」ボタンをクリック。
録画時間等設定する場合は、「タイマー」左横のボタンをクリックし、オンにします。

すると、↓のように表示されるので、録画開始時間と録画時間を入力し、「起動」をクリック。
すると、開始時間になったら、録画が開始されます。

手動で「録音/録画」ボタンをクリックし、録画を開始した場合は、「停止して終了」ボタンをクリックすると録画が終了します。

という感じです。
ちなみに、録画された動画は、Audialsの「プレイリスト」内に保存されてます。

そして、このプレイリストは、右上部の「>>」で表示、非表示ができます。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してくだ

Audials Podcast(ポッドキャスト)機能について 

Audials機能についてご紹介します。

こんにちは。
今日は、録画/録音ソフトAudials Oneの機能の一つをご紹介します。

私が使っている「Audials One」は、音楽、ラジオ、動画すべてが使える便利ソフトなのですが、その中にポッドキャスト機能もあります。

今さらですが、Podcastとは。。。

「iPad」と「broadcast」の造語のようです。
音声や動画をネット上に配信し、公開するサービスです。
iPhoneを使用されている方なら、デフォルトのアプリとしてインストールされているかと思います。
(私はiPhone購入時にどうせ使わないだろうと思い削除しており、再ダウンロードしました、、)

カテゴリーだけでも十何種類とあるので、お気に入りの番組がきっと見つかるのでは。

さて、Audials One内のポッドキャストは、以下手順で使えます。

Audials画面左側にリストアップされている「Podcast」を開きます。

たくさんのカテゴリーがリストアップされています。

私は、カテゴリーの中から「ビジネス」を選択。
ちなみに「検索」に番組名を入れて検索をしても出てきます。

↓「詳細」をクリックすると、ビジネスカテゴリ内の番組がずらっと表示されます。
私は「TED」一本なので、「TED」を選択。

そういえば、「TED」ってご存じですか?
アイディアを広めることに専念した非営利団体なのですが、大体20分くらいのプレゼンテーションを世界中の著名人や専門家が行います。
科学から、ビジネス、環境問題、音楽、スポーツ、、ほんとにたくさんの種類のプレゼンテーションがあるのですが、ビル・ゲイツや、スティーブ・ジョブズも登壇していて、世界的にも有名な配信動画です。
勉強になることも多いので、おすすめです!

と、「TED」のお勧めについては、話が終わらないので(笑)Audialsの使い方に戻ります。

気になる番組を見つけたら、それにカーソルを合わせて「︙」→「表示」をクリック

するとエピソードが表示されるので、保存したいファイルにカーソルを合わせて「↓」のダウンロードマークをクリックすると録画が開始されます。

ちなみに、音声だけでいいときは、「︙」をクリック→「音声としてダウンロード」をクリックすると音声のみができます。

ファイルマークが表示されると、完了です!

語学番組とかいろいろあるので、勉強とかにも使えてお勧め機能です!

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してくだ

Audialsで録画ができない時の対処法ー3

「画面の録画」で録画ができない時の対処法をご紹介します。

こんにちは。
今日は、絶賛愛用中ソフトAudialsだけの話です。。笑

Audialsの録画機能の一つに「画面の録画」という機能があります。
PC画面上のものを録画する機能なのですが、PC画面だけ(音声もちゃんと入ります)を録画するので、必要な容量も他の機能に比べて少なくて済みます。
ストーレージ容量が少ないときや、見たら削除するだけの時は、この「画面の録画」機能を使ってます。

使い方としては、、

Audials画面の「動画ストリーミング」→「他のソース/画面録画」→「画面の録画」を選択します。

2種類あるのですが、「画面を録画」だと、録画範囲の設定、録画開始、停止すべて手動です。
「画面を録画(自動検出)」ですと、停止は手動ですが、「検出+録画」クリック→動画を再生すると、録画範囲と録画開始は自動で検出し、開始されます。

自動検出は楽なのですが、たまに録画範囲が動画部分以外も設定されてしまう時があるので、私はすべて手動の「画面を録画」を使うことが多いです。

手動の方は、「画面を録画」をクリックすると以下のように表示されるので、青いラインで録画範囲を設定して、「録音/録画」をクリックすると録画が開始されます。

ですが、動画再生ブラウザにChromeを使用すると、音声のみで映像が録画されない時があります。。。

そんな時は、ブラウザにFireforxを使うと、なぜか映像も一緒にちゃんと録画されます!

Chromeだと、かなりの確率で映らないことが多いので、この機能を使う時はいつもFirefoxを使ってます。

以上です。

もし、画面の録画機能でうまく録画できないという方がいらっしゃったら、Firefoxも試してみてください。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

YouTubeをmp3ファイルに変換する-2

Audialsを使用して、YouTubeの動画ファイルをmp3(音声)に変換してみました。

こんにちは。
今回は前回のYoutubeから音声として録音する方法の続きです。

今日はドラッグ&ドロップの方を試してみました。

Audials「音楽ストリーミング」→「YouTube」ボタンをクリック

「ブラウザのyoutubeから~」を選択します。

↓のようにAudials画面が表示されたら、ブラウザでYouTubeを開いて保存したいものをAudialsへドラッグ&ドロップします。

画像のところをドラッグしてもうまく読み込まれないので、タイトルのところをドラッグします。
ドロップすると、自動で録音が開始されて、「記録〇%」と表示されます。

「完了」とでたら終了です!

ライブの音楽って、その時だけの歌い方とかがあったりして、自分好みのメロディーとかを見つけるとテンション上がります。

ホーム

ライブ音声だけを集めて、プレイリストにまとめて仕事中とか、家でのんびりしてるときに流したりしてます。

Audials「プレイリスト」から新規のリストを作成して、ジャンル毎に分けたりすることもできます。

音楽を作成したリストに追加するには、保存したタイトルにカーソルを合わせると再生ボタンとかが表示されるので、「︙」をクリック→「プレイリストに追加」にカーソルを合わせる→作成したリストをクリックで追加ができますよ。

ジャンルごとに分けられたりするので、プレイリストを活用は絶対おすすめです!

では。

YouTubeをmp3ファイルに変換する-1

Audialsを使用して、YouTubeの動画ファイルをmp3(音声)に変換してみました。

こんにちは。
以前もYouTubeを音声ファイルに録音するブログを投稿しておりました。
が、もっと簡単というかわかりやすい方法がありましたので、2度目の投稿です。

私は、YouTube上にある好きなラジオやライブ音楽を音声として録音し、夜寝る前に流して聞きまくっております。
好きなラジオや音楽を寝る前に聞くと、一日の疲れも楽になります。

Audials画面内「音楽ストリーミング」を開き、「YouTube」をクリックします。

以下のように2通りの手順があります。
まずは、「YouTubeの音楽をブラウザで再生してAudialsを録音します」を選択。

以下の画面が表示されたら、ブラウザでYouTube>録音したいものを開きます。

動画を開始すると、自動で開始され、「~実行中…」

「完了」と表示されたら、終わりです。
CMが終わる前に終了してしまいました!

Audials内にも保存され、CM中に完了してしまったので、CM入ってたら面倒だな。。。と思っていましたが、しっかりCM以外で保存されていました。

楽さは、前回とあまり変わりませんが、こちらの方が分かりやすく覚えやすい??

次回の投稿では、もう一つの「ドラッグ&ドロップ」をご紹介します!

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

Degica Shopでのみ使用可能!Audials One製品のみで使用できる友達招待クーポンは購入の際に以下クーポンコードを使えば、¥1,000割引きで購入していただけます!(Audials Oneのみ有効です)

クーポンコード:auoneota7-v
こちらをクリックすると、クーポンコードを入力しなくてもカートに追加で自動でクーポンが適用されます!
有効期間:7月31日(土)まで
クーポン使用可能サイト:Degica Shop

Audialsの検索機能について-2

Audials検索機能についてのご紹介です。

前回の記事でAudials機能の一つ検索機能を使って音楽の検索をご紹介しました。
今回は、YouTube動画の検索を試してみたので、それをご紹介したいと思います。

まずは、Audials画面左のリストアップから「ホーム」を開き、「Audialsを検索」に検索したいアーティスト名、タイトルを入れ、Enter。

↓のような画面が表示されたら、〇の中に人のアイコン?をクリックします。

すると、自動でAudialsの「音楽」内に移動し、Audialsで検索したものが表示されます。
音楽ビデオのみを検索したい場合は、「検索」下のドロップダウンリストを開き、「音楽ビデオ」を選択します。

検索できた音楽ビデオが表示されたら、録画したいビデオにカーソルを合わせると、再生ボタンと「︙」が表示されるので、「︙」をクリック→「動画を録画」をクリックします。
すると、録画が開始されます。

で、終わりです!

この検索機能を使って表示されるビデオは、youtubeやvimeoのようです。
Audials内ですべて済んだので、結構楽でした。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

Degica Shopでのみ使用可能!Audials One製品のみで使用できる友達招待クーポンは購入の際に以下クーポンコードを使えば、¥1,000割引きで購入していただけます!(Audials Oneのみ有効です)

クーポンコード:auoneota7-v
こちらをクリックすると、クーポンコードを入力しなくてもカートに追加で自動でクーポンが適用されます!
有効期間:7月31日(土)まで
クーポン使用可能サイト:Degica Shop

Audialsの保存先を変えたい時

Audialsで録画録音するファイルの保存先を変更したい時の手順をご紹介します。

こんにちは。
今回は、Audialsの機能についてのブログです。

Audialsで録画、録音したファイルは、何も設定しない場合使っているPC内既定の「ミュージック」/「ビデオ」に保存されますが、それをデスクトップやUSB、HDDへ変更したい時の対処法をご紹介します。

Audials画面左下部のオプションマークをクリックし、「オプション」を開きます。

「ストーレージと出力」を開き、「PC」にカーソルを合わせると、「︙」などが表示されるので、真ん中の「オプション」マークをクリック

次の画面で保存先を変更したい「音楽フォルダ」または「動画フォルダ」右側の「…」(三点マーク)をクリック

次の画面で保存先に変更したいファイルをクリックして選択し、「フォルダーの選択」をクリック(私は、USBに変更しました)

変更したフォルダー内の保存先が変わっていることを確認したら、「OK」をクリック

「OK」をクリックして完了です。

以上です。

見たい動画や聴きたい曲を開くのに既定のファイル場所だと面倒だから、よく使うフォルダや、USB、HDDに変えたいというときは、この方法で簡単に変更できます。
Audialsをお持ちの方は、ぜひ試してみてください。

では。

*ストリーミングサイトが推奨しているソフトではないので、自分のPC上で楽しむ用に使用してください。

Degica Shopでのみ使用可能!Audials One製品のみで使用できる友達招待クーポンは購入の際に以下クーポンコードを使えば、¥1,000割引きで購入していただけます!(Audials Oneのみ有効です)

クーポンコード:auoneota7-v
こちらをクリックすると、クーポンコードを入力しなくてもカートに追加で自動でクーポンが適用されます!
有効期間:7月31日(土)まで
クーポン使用可能サイト:Degica Shop

« Older posts